3/16(木)ブルーオーシャン・メキシコ輸出セミナー

「日本地方産品先としてのブルーオーシャン”メキシコ合衆国” への輸出セミナー」

IMG_0738

1、概要

国内市場が縮小する中、規模の大小問わず、東南アジアを中心に、国内食品メーカーの海外進出が加速している。シンガポールをはじめとした東南アジアでは徐々に市場が飽和しつつある中、ネクストフロンティアとして注目を集めている「メキシコ合衆国」。

近年、グアナファト州近郊に自動車メーカーを中心とした日系企業のメキシコ進出が急増し、メキシコ市民における日本文化・食に対する関心が急激に高まっており、日本食関連のビジネスチャンスは拡大の一途を辿る。しかしながら、現地ニーズがわからない、人脈不足、言語(スペイン語)の壁など、様々な理由から、未だにメキシコにおける日本食市場はブルーオーシャンが広がっている。

広島県呉市の日本酒・味噌関連商品を中南米最大規模の展示会、並びに日系企業の進出著しいグアナファト州にて政府関係者、レストラン・ホテル経営者などを招致して実施した日本酒会を通じて地方産品のメキシコ展開を実現した株式会社Encounter Japan。

メキシコの市場概要説明から貿易上の注意点、商習慣の違いについて同社代表の西側氏より説明を受けた後、広島県呉市産品の展開実績を基に地方産品のメキシコ展開における可能性について詳細を伺う。

2、セミナー詳細

日  程:2017年 3月16日 (木) 13〜15時

場  所 : 宮崎グリーンスフェア壱番館(KITEN)3F (宮崎市錦町1-10)

費  用:無料

主な対象:地方自治体・食品メーカーの海外事業・販路開拓担当者

主催 コバヤシ大学 インキュベーション・ラボ

共催 株式会社 Encounter Japan / 一般社団法人 いなかテラス

後援 一般社団法人 九州の食 / 6次産業化中央サポートセンター

<登壇者プロフィール>

大阪府守口市出身 関西学院大学商学部卒

大学在籍中に約1年半の間、海外を放浪。約20か国に訪れ、英語とスペイン語を習得。同大学を卒業後、双日株式会社に入社し中南米・カリブ諸国向け自動車のトレーディング事業、海外事業会社運営、新規事業に従事。同社退社後、渋谷にCafe & Bar Encounterを創設し、メキシコに渡る。日墨間のTV番組配給事業や在メキシコ日本人向けメディアAMIGAの運営事業を立ち上げ、その後Hostal & Bar Encounter Guanajuatoをメキシコ合衆国グアナファト州に立ち上げる。2016年夏には羽田空港国内線ターミナル内に同社三店舗目となるOCHAWANを開店。その後、2016年度中小企業庁

ふるさとグローバルプロデューサー育成支援事業のメキシコにおけるOJT受入先にEncounter Japanが拝命。同プロジェク トのリーダーを務める。2016年12月には中南米最大規模の食品展示会にて広島県呉市産品の展示またグアナファト州 直営店にて政府要人を招待した日本酒会の実施などを通じて日本産品のメキシコ国内における拡販、PRを行う。

メキシコ国内の豊富なネットワークと中南米での知見を活かし現在は日本とメキシコを行き来し事業拡大に邁進している。

※セミナー参加ご希望の方はこちらからお申し込みください。